一文随筆

アソシエ代表の考えを一文で草します。
  • 人の話を聞くのが仕事

    人は本来自分の話を相手に聞いてほしいと思うものであり、人の話を真剣に聞いてくれる人は希少です。真剣に聞くにはパワーが要るので、プライベートなら興味のない話は聞き流します。接客とは後者であるべきですが、実態は前者の接客が多いようです。疲れていてゆっくり静養したいとき前者の接客に会うと疲れが倍増します。

  • いまのままが将来の成長に

    転職があたり前の時代です。気に入らなければ環境を変えればよい。次の職場も気に入らなければまた次に行けばよい。一方、気に入らないけどもう少しここで頑張ってみようと思う人もいます。いまの職場で自分が働きやすいと感じる環境に変えられないか努力してみる。その方が将来の成長につながります。

  • きっと救世主が現れる

    救世主と感じる人に出会うことがあります。自分が窮地に追い込まれたとき、その窮地を逃れるための手段について頭をフル回転させて考えます。そしてもうこれしかないという最終手段を決めて実行します。そのときその手段を快く受け容れてくれる人が現れることがあります。考え抜いたからこそ救世主は現れるのです。

  • あなたを見ている人がいる

    誰も見ていない道端で空き缶を拾ってゴミ箱に捨てたり、誰も見ていないトイレで汚れを拭き取ったりします。誰も見ていないから自分のしたことは誰にも伝わっていません。しかしその行動は誰かに見られています。なぜならその行動をした後にその人の意識や行動が変わるからです。あなたを見ている人は必ずいます。

  • プライドは比較しない

    プライドは誰しもが持っているものです。プライドを傷つけられたら憤慨するのは当然です。ただその憤慨は他人に向けるものではなく、他人と比較するものでもありません。プライドは自分自身が持っている基準なので、他人に理解されなくても何の問題もありません。プライドの本質は自分が自分で納得するものです。